ホルモンバランスを整えて美肌キープ

生理前になるとどんなケアをしても肌が荒れてしまう。あるいは、生理が終わると肌が綺麗になる。そんな経験をしたことがある方も少なくないでしょう。これは、ホルモンバランスが肌に影響しているからです。
女性ホルモンは、大きく分けてエストロゲンとプロゲステロンの二種類があります。生理後から排卵まで多く分泌されるのがエストロゲンで、排卵から生理までの期間に多く分泌されるのがプロゲステロンです。
エストロゲンは卵胞の成熟を促し、子宮内膜を厚くするなどいつ妊娠しても良いよう体を整える働きがあります。同時に、女性らしい体つきを作ったり、コラーゲンの合成を促し肌や髪を綺麗に状態にしてくれます。このため、エストロゲンが多く分泌される生理後は肌の調子が良いという人が多いです。
一方、排卵から生理前まで優位になるプロゲステロンは、体に水分を溜め込む、食欲を増進させるなど妊娠に向けての準備を加速させます。同時に便秘しやすくなったり、皮脂の分泌量も増えるので、肌荒れしやすくなります。生理前に肌荒れしやすくなるのはこのためです。
近年、生活習慣の乱れや過度のダイエットなどにより、ホルモンバランスが乱れるケースが多いです。特に、エストロゲンの分泌が少なくなっている人が増えているようです。前述した通りエストロゲンは美肌をつくる働きがあるのでこの分泌量が減ると肌荒れを起こしやすくなります。では、エストロゲンを増やし美肌をキープするにはどうすればよいのでしょうか。
まず、生活習慣を整え、無理なダイエットをしないことが大切です。睡眠不足が続くと脳がホルモン分泌の指令を正しく出せなくなります。また、無理なダイエットもエストロゲンの分泌を減らす原因となります。食事では、イソフラボンを含む豆腐や豆腐製品を積極的に摂るようにしましょう。イソフラボンはエストロゲンと似た働きをするため、美肌を作るのに欠かせません。
このように、肌の状態とホルモンバランスは切っても切り離せない関係です。美肌を目指したいのであれば、生活習慣や食事を一度見直してみてはいかがでしょうか。