美肌の敵ともいえる紫外線の対策方法

女性にとって美しい肌は、いくつになっても維持したいと願うものです。しかし、年齢と共に肌の衰えを実感せざるを得ないのも仕方のないことであり、少しでも美肌を維持するために、女性は毎日のスキンケアに力を入れています。美肌にとって大きな敵となるのは紫外線で、日焼けによって肌は大きなダメージを被ってしまいます。夏にだけ紫外線対策を行えば良いと考えている人もいるかもしれませんが、1年を通して降り注いでおり、その量に変化はあるものの対策は常に必要だといえます。
美肌にとって防ぎたいものとしてしみが挙げられますが、紫外線はメラニンの生成を促す働きを持っており、それこそがしみの原因となってしまいます。また、紫外線がコラーゲンなどを破壊してしまうことで、弾力を失ってしまった肌にはしわができてしまう原因にもなってしまいます。さらに、肌のバリア機能を衰えさせてしまうため、様々な肌のトラブルを引き起こしてしまう可能性が高くなります。
つまり、美肌のためにはできる限り紫外線を避けることが重要であり、そのための毎日の対策が必要となります。日焼け止めを塗ることは有効であり、普段用として塗るのであればSPF20程度で十分だと思われます。特に紫外線の強い夏や1日中外にいる場合は、SPF50が好ましいです。日焼け止めといっても、クリームタイプやスプレータイプなど様々な形状があり、自分の肌に合うものを選ぶことが大切です。汗をかくことで日焼け止めが落ちてしまうことを考慮して、1日の内に何度が塗り直すと効果が持続します。また、化粧下地やファンデーションにSPF機能が含まれているものが数多くあり、それらを利用するのも有効な方法といえます。
日焼け止めは体の外側のケアですが、内側からのケアも重要となります。紫外線によってメラニンが生成されてしまうことを防ぐには、ビタミンCを摂取することが望ましいといわれています。日焼けをしてしまったと不安な時は、積極的にビタミンCを摂取すると良いです。